スロージョギングとLSDの違いは?正しいやり方や効果を解説!

運動編

スロージョギングとLSDは違うもの?

こんにちは。トレーズです。
スロージョギングってご存知ですか?
ジョギングがスローということは、ゆっくりジョギングすること?と連想できますが、実は厳密にはスロージョギングとLSDは違うものなんです。

ダイエットにはスロージョギングがおすすめなんて言われていますが、実際に効果を上げるには正しいやり方を知らないといけません。

今回は、スロージョギングとLSDの違い、スロージョギングの正しいやり方や効果などご紹介します!


スロージョギングの効果を上げるにはLSDも大事?

LSDは聞きなれない言葉ですが「Long Slow Distance」の略で、ゆっくりと長い距離を走るトレーニング方法を指します。
マラソンなども、一種のLSDと言えます。

ただ、勘違いされる方も多いのですが、トレーニングだからと「1㎞を○分ペースで走る」トレーニングと思っている人も多いです。
LSDは、ペーストは余り関係なく、とにかく走り方を重視するトレーニング方法。

では、LSDの正しい走り方はというと、足で地面をキックする走り方ではなく、体が前に倒れる慣性を利用して走ります。
ポイントは、体の力を抜き、体の重心が前に倒れるのを意識して、前へと移動するようにします。

簡単に言ってしまえば、おへその少し下あたりが前へと引っ張られるようなイメージです。
LSDは、走り方で自然とゆっくりと走れるようになるのであって、ペースを守って走るのとは別物です。

マラソンなどではペースを上げることもありますが、LSDは自然な状態をキープして走るので、走っている間は終始ペースは変わりません。

スロージョギングもまたLSDの一種であり、LSDは更にゆっくりというイメージの違いがあります。

スロージョギングの効果と正しいやり方

スロージョギングは、田中宏暁教授が提唱するジョギングの一種で、得られる効果はダイエットだけではなく、健康にも良い、例えば、生活習慣病やがんの予防などがあります。

スロージョギングの5つの効果

スロージョギングをはじめよう!

スロージョギングには、5つの大きな効果があります。

  1. 体力アップ=継続していくうちに体力がつく
  2. ダイエット効果=ウォーキングの2倍の消費カロリーがある
  3. 生活習慣病の予防=高血圧や高血糖の予防
  4. 脳機能の改善=認知症やうつ病などの予防に繋がる
  5. 癌の予防=持久力がつき、癌の死亡率が下がる

スロージョギングの正しいやり方

スロージョギングの正しいやり方は、以下の通りです。

  1. まず、その場で足踏みをしてみましょう。
    足の指の付け根で着地するイメージを持ちます。
    足踏みの早さは、15秒間で45回くらいのペースです。
  2. そのままのペースで前に進みます。
    歩幅は足の長さの半分くらいを意識します。
    目線を遠くにして、あごを少し上げましょう。
    呼吸や腕振りは特に意識せず、自然に任せます。
  3. 歩くような速さで始めるのがポイント!
  4. ニコニコ笑いながら走れるようなペースを保ちます。
    会話ができるペースで全然問題ないです。
  5. 無理なく続けるなら、スロージョギングとウォーキングを交互に繰り返します。
    スロージョギングを1分とウォーキング30秒を繰り返します。
  6. 1日20~30分のペースで始め、体力がついたら長くします。

これで、スロージョギングのやり方はOKです。

もしスロージョギングで、より楽しく走りたいなら、音楽を聴きながらなどもおすすめです。

スロージョギングで無理なく健康に!

スロージョギングは、歩くのと同じペースで走るだけでウォーキングの2倍の消費カロリーってすごいですよね!
私も毎朝5時に起きてウォーキングやってましたが、こちらをスロージョギングに変えてみようと思ってます。

スロージョギング1分+ウォーキング30秒の繰り返しから始めると良いそうなので、ぜひ毎日散歩することを日課にされている方は、スロージョギングも取り入れてみてください。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました