夜にアイスコーヒーを飲むと痩せる?太る?ダイエットが失敗する理由は○○にあった!

夜にアイスコーヒーは良くない理由 食事編

アイスコーヒーは夜に良くないと聞きますが…

こんにちは。トレーズです。
暑さ寒さも彼岸までなんて言いますが、北海道でも連日30度超え。
残暑厳しい中、飲みたくなるのがやはりアイスコーヒー。

でも、中には夜にアイスコーヒーは良くないなんて声もありますよね?
もしくは、夜にアイスコーヒーを飲むと太るなんて言う話も…

今回は、アイスコーヒーを夜に飲むとダメと言われる原因などご紹介します!


アイスコーヒーを夜飲むと太ると言われる原因

アイスコーヒーは、ブラックの無糖なら多少飲み過ぎても太りません。
もしそれでも太ったとしたら、他の食事の食べ過ぎや運動不足のことがほとんどです。

ただ、夜にはアイスコーヒーなどを飲むと良くないと言われる理由にカフェインがあります。
実は、このカフェインのせいで、夜にアイスコーヒーを飲むことで太る原因になることもあるんですね!

それでは、以下に、なぜ夜にアイスコーヒーが良くないかを簡単にご紹介します。

原因①成長ホルモンが少なくなるから

カフェインの一日の摂取目安量は、400㎎です。
これは、アイスコーヒーに換算すると、大体一日に3杯くらいです。

カフェインは通常だと、痩せやすい体になるなどのメリットもありますが、摂りすぎると…
副腎皮質から出るコルチゾールというホルモンが増加します。

このコルチゾールというホルモンは、ストレスに関係するホルモンで、多すぎると成長ホルモンを減少させてしまうんです。
つまり、せっかくブラックの無糖コーヒーを飲んだとしても、基礎代謝などが下がり、太りやすい体にと変化します。

だからこそ、夜と朝に関わらず、コーヒーの飲み過ぎは体にもダイエットにも良くないんですね。

原因②胃酸が多くなるから

カフェインには、胃酸を多くするという効果もあります。
こちらも通常なら、食事の消化を助けてくれる非常に嬉しい効果です。

でも、空腹時などにコーヒーを飲むと、胃酸が出過ぎて、胃壁が荒れます。
良くお腹が空いてる時にコーヒーを飲むと気分が悪くなる人がいますが、これが原因です。

なので、元々胃腸が弱い人は特に、空腹時のコーヒーには気をつける必要があります。
通常なら消化を助けてくれるので、適量なら問題ありません。

ただ、コーヒーが消化を助けてくれるからと、ケーキなどをセットにして飲んでしまうと大変です。
当然カロリー過剰になり、太ります。
コーヒー自体で太っているのではなく、他の食べ物が関係するということです。

原因③睡眠障害が出るから

夜にアイスコーヒーなどのカフェイン飲料を飲むといけない最大の理由は、睡眠障害が出るからです。
カフェインの過剰摂取により、夜中に頻繁にトイレに起きる、寝つきが悪くなるなどの障害が出ます。

睡眠障害が起こると、上記でご紹介したようにコルチゾールなどのホルモンも出ますし、成長ホルモンも減少します。
良く「寝る子は育つ」なんて言いますが、睡眠は成長ホルモンに大きく関係しています。

コーヒーの飲み過ぎがきっかけとなり、太りやすい体にと変化するので、ブラックの無糖コーヒーを飲んでいると太った!というのは、もしかしたら、カフェインが悪さをしているのかもしれません。

ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方

それでは、ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方をご紹介します。
アイスコーヒーには素敵なダイエット効果があるので、飲み方さえ気をつければ効果もアップします。

アイスコーヒーのダイエット効果については、以下の記事を参考にしてみてください。

アイスコーヒーでダイエットに失敗する理由は?アイスでも効果はあるのか徹底解説!
そりゃ、太るよね?アイスコーヒーに罪はない?こんにちは。トレーズです。夏になると、アイスコーヒーが飲みたくなります。でも、一説によると、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が太りやすいという話も…でも、実際にはアイスコーヒーに...

アイスコーヒーの飲み方のポイント

アイスコーヒーを夜飲むと良くない理由は、上記でもご紹介しましたが、ダイエットに使うなら、まずカフェインがどの段階で効いて来るのかを知っておかないといけません。

カフェインは、飲んでから20分後くらいに覚醒作用が働き出します。
つまり、運動の30分前に飲めば、脂肪燃焼効果などもアップして、ダイエット効果も同時にアップします。

そして、こちらは注意事項なんですが、良く眠気を覚ますためにコーヒーを飲む人がいますが、こちらも上記でご紹介したコルチゾールというホルモンは、早朝に多く分泌されます。
なので、起き抜けにコーヒーを飲むと、逆に成長ホルモンが減り、太りやすい体にと変化するんですね。

なので、もし朝にアイスやホットのコーヒーを飲むなら、午前9時から11時頃がベストとされています。
ただ、ここでも注意ですが、午前9時頃がベストと言っても、それは早起きした場合です。
もし朝起きるのが遅い人であれば、起きてから60分はコーヒー厳禁です。

成長ホルモンが減ることで、太りやすい体になるとしたら、目覚めのコーヒーは逆効果だと覚えておいてください。

アイスコーヒーは飲む時間に気をつけよう!

それでは、アイスコーヒーを夜飲むと太ると言われる原因や、おすすめの時間帯などご紹介してみました。

夜飲むと色々弊害が出るアイスコーヒーですが、朝起き抜けも良くありません。
ただ、適量を守れば、アイスコーヒーで太ることはありません。

くれぐれもアイスコーヒーの飲み過ぎに気をつけて、成長ホルモンを減らさないように気をつけてくださいね。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました